小顔になる方法.com

顔が大きく見える原因

小顔を目指す人にとって大切なことは、自分の顔が大きく見える原因を把握し、
自分にあった方法を見つけることです。

顔が大きく見える原因には様々なパターンがあります。
自分のパターンを把握することによって効果的な方法で小顔を手に入れましょう。

骨格のゆがみによる場合

顔は日常の動作の影響を大きく受けやすい場所です。
例えば、寝癖やかみ癖。毎回同じ方を下にして寝たり、同じ方で噛むと骨格がゆがんできます。
頬杖をつく人も要注意です。
小顔になるためには骨格矯正などが有効です。

むくみによる場合
朝起きて、鏡をみるとなんとなく顔が大きく見えるようなことはありませんか?
また、体重は増えていないのに顔だけが大きくなっていると感じたことはありませんか?
当てはまる人の『顔が大きく見える原因』は『むくみ』かもしれません。
むくみの原因は様々です。ストレス、睡眠不足、疲れ、水分の取り過ぎ等。

ただし、重大な病気が原因の場合もあるので、むくみが続く場合は一度病院で
みてもらうことをお勧めします。

また、むくみが続くとその部分に余分な脂肪がつき顔が大きくなってしまいます。
むくみは小顔にとって天敵です。

表情筋による場合

表情筋とは顔の表情を作る30種類以上ある筋肉のことを言います。
表情筋(他の筋肉もそうですが)は使わないと衰えていきます。

一日中パソコンに向かっていると『無表情』になりがちですよね?
そういう人は要注意です。また、作り笑い等も無意識のうちに同じ筋肉ばかり
使ってしまっていますので注意が必要です。

小顔になるためには、顔の筋肉の脂肪を燃焼させなければなりません。
そのため、小顔体操や小顔エクササイズが効果的といれています。

またエラが張っている場合は『ボトックス』が小顔に効果的だといわれています。

髪型やメイクによる場合

ちょっとしたことで印象は大きく変わります。
小顔に見せる髪型やメイクを研究してみるのも『顔を大きくみせない』
ためには必要になります。

自分にあった方法で『小顔美人』を目指しましょうぴかぴか(新しい)

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

顔のタイプを確認しましょう

顔が大きく見える原因を知ることで、小顔になるための効果的な実践方法がわかります。
しっかりと自分のタイプを見極めることが、小顔への第一歩となるのです。

一口に小顔になると言っても顔が大きく見える原因は様々です。
どんなタイプがあるのか見てみましょう。

脂肪太りタイプ

全身の肥満によって顔も丸くなり小顔にみえないタイプ

むくみタイプ

血液やリンパの流れが悪くなり老廃物がたまるため顔がむくんで小顔にみえないタイプ

固太りタイプ

歯をくいしばったり、歯きしりをすることによって、顔の筋肉がこわばり、小顔にみえないタイプ

筋肉のたるみタイプ

筋肉のたるみによって小顔にみえないタイプ
※加齢によるものだけでなく、PCを長時間操作する人など、表情をあまり動かさない人は
 年齢に係わらず筋肉が衰えたるみます。

骨格のゆがみタイプ

腰や背骨のゆがみから顔の骨格もゆがみ、結果として小顔にみえないタイプ

自分がどのタイプなのか確認してみましょう。

a、以前より体重が増え動くと重いと感じるようになった人・・・「脂肪太りタイプ」
b、朝起きたとき、まぶたや顔全体がむくんでいる人・・・「むくみタイプ」
c、エラ付近を触った時ごつごつしているように感じる人・・・「固太りタイプ」
d、頬が下がってきた、ほうれい線(小鼻から口角にかけて出る線)が目立つようになった人・・・「筋肉のたるみタイプ」
e、左右の目や眉、口角などの高さが違う人・・・「骨格のゆがみタイプ」

自分のタイプは見つかりましたか?
タイプにあった方法を実践することで、憧れの小顔を手に入れましょうぴかぴか(新しい)

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイプ別小顔実践方法

脂肪太りタイプには小顔体操や小顔マッサージが効果的です。

体のダイエットと違い、顔の脂肪は燃焼しにくいため、小顔体操や小顔マッサージで燃焼しやすい状態に
持っていくのが目的です。
特に入浴時は体が温まり新陳代謝がよくなっているので、小顔マッサージを効果的に行うことができます。
顔の皮膚はとてもデリケートですから優しくマッサージすることを心がけましょう。
その他、脂肪吸引という方法
もあります。


むくみタイプにはリンパマッサージが小顔に効果的です。

リンパマッサージとは、滞ってしまったリンパ液を体の各リンパ節に向かって流すことです。
リンパマッサージをすることで、顔のむくみがとれ「はれぼったい目がすっきり」「顎のラインがシャープに」
といった小顔効果が期待できるのです。


固太りタイプには小顔マッサージや表情筋トレーニングで硬くなった筋肉をほぐすことが効果的です。

固太りはストレスで歯を噛みしめたりすることが原因になる場合もありますので、ストレスを溜めないよう
気をつけることも効果的です。

筋肉のたるみタイプは表情筋トレーニングで表情筋をきたえることが効果的です。

基本的なことですが、栄養を取ること、睡眠を十分にとること(22時〜2時の間の睡眠はより効果的)
肌のターンオーバーを促す意味でとても大切です。
よく笑いよくしゃべるなど喜怒哀楽を表現することで、表情筋は鍛えられます。

骨格のゆがみタイプには骨格矯正がお勧めです。

ただし、顔の骨格だけが原因とは限りません。
例えば頭蓋骨は多くの骨がパズルのように組み合わさっています。
後頭骨という骨はなんと骨盤と連動しているのです。
まずは、どこが歪んでいるのかを把握することが必要です。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の3件 »
Copyright © 小顔になる方法.com All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。